茨城県社会福祉協議会様と共催で運行している宮城県(主に東松島市や石巻市)ボランティアバスの活動の記録です。
DSCF3012.jpg
DSCF3006.jpg
DSCF3008.jpg


今年最後となる芝桜を植えを、ボランティアバス参加者の皆様と一緒に行わせて頂きました。この日は、岩瀬高校の生徒さんと先生もご参加され一生懸命もくもくと活動する姿がそこにはありました。

そして、学生さんが多いこともあり、午後からは女川方面を視察して参りました。



今年シーズンだけでトータル9000株の芝桜を植えることができました。これも全ては関わる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
来年1月から3月のボランティアバスの受付を本日より開始させて頂きました。

従来通り、弊社ホームページまたはボランティアバス車内で配ります募集要項をご確認ください。


「もう大丈夫だよ」と言われるその日まで…。

10日11日と東松島市野蒜海岸で清掃活動を行わせて頂きました。

画像 053

10日は重機が入りガレキ等の撤去を行っており見る見るうちに大きなガレキや流木が集められ運び出されていく姿にやはり重機の力はすごいと実感しました。
画像 060

重機も凄いですが、この日は水戸啓明高校の生徒さん達が参加してくださいました。高校生のマンパワーもやはり凄いです。
画像 066

11日は、海岸清掃のあと、ひたち海浜公園さんから頂いた花言葉は”明るい未来”のムスカリと水仙を植える活動を行いました。
画像 026

土のう袋も活躍しています。
画像 032


震災から1年と8ヶ月活動後走るバスの車窓から今は何もなくなってしまった場所で花をそえ手を合わせる方々の姿を忘れることができません。



また、ボランティアバスに参加することだけが全てではなく、ボランティアに参加した学生達が文化祭や学園祭で、体験した活動を発表し見たこと感じたことを伝え、そして現地のものを販売し復興のために頑張る姿も多くみることができました。
画像 001
画像 012



中郷第一小学校の6年生が被災地で使う土のう袋にメッセージを描く「思いやりの心育成プロジェクト」に協力してくださいました。


この始まりはボランティアバス運行当初から定期的にご参加されている、つくばみらい市の女性の先生お二人が最初に始められた活動で、そして現在県内だけでなく全国に広がっています。

今回中郷第一小学校の生徒さんが描いてくれた土のう袋(一部)とそのお手紙をいくつかご紹介させて頂きます。
画像 006


img-Y12165443-0006.jpg

続きを読む
img-Y08092600-0001.jpg

昨年10月より始めさせて頂きました「愛いっぱい夢いっぱい花いっぱいプロジェクト」ですが、おかげ様で1年たった今でも毎月多くの方々からご協力を頂いております。上記の画像をクリックするか弊社ホームページのトップページよりPDFファイルにて現在の明細をご確認いただけます。

(概要)
平成23年10月20日~平成24年10月31日現在 ご協力頂いた金額 1,342,217円

芝桜や培養土等活動に必要な資材を購入させて頂いた金額   1,894,903円

差額552,687円に関しては石塚サン・トラベル㈱より負担させていただきました。



今後ともご支援ご協力の程宜しくお願い致します。プロジェクト発足1年を迎えましたので途中経過としてご報告させていただきました。
東松島市の野蒜海岸の海岸清掃を行わせて頂きボランティアバスに御参加の方々だけではなく、石巻からきた現地の高校生も一緒に活動しました。
DSCN0096.jpg
DSCN0097.jpg

午後からは畑作成のお手伝いも致しました。
DSCN0103.jpg



次回11月10日も海岸清掃を引き続き行わせて頂く予定です。
// ホーム //