茨城県社会福祉協議会様と共催で運行している宮城県(主に東松島市や石巻市)ボランティアバスの活動の記録です。





8月23日・・・茨城県立佐竹高校野球部の25名の生徒さん達、茨城県立中央高校の生徒さん達20名、常北中学校から6人の生徒さん達、建築家を目指す3名の女子学生、受験を控え、バスの中でも英単語を一生懸命勉強していた太田一高3年生の女子高校生二人、茨城大学の学生さん達、そしていつも子供達を温かく見守りながら導いてくれる一般参加の皆様とバス2台、80名の皆様が参加下さいました。

肌寒さを感じながら小雨模様の天気の中での作業となりましたが、やはり石巻市大川地区で作業させて頂き、特に子供達にはこれからの長い人生の中でも、いつまでも心に残る大切な一日になったと思います。

この夏休み期間中に400名の中・高・専・大学生達が参加して下さいました。

未来そのものである子供達、若者達が、今回の経験を活かしながら、思いやりの心や助け合いの心が息づく、真に愛ある人間社会を築いていってくれると信じています。

いまだに心の整理もつかないまま苦しみを抱えながら、懸命に生きている状況にありながら、様々なご配慮を頂きました地元の方々に心より感謝申し上げます。

また多くの子供達はじめ、参加下さった全ての皆様に心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。
スポンサーサイト




8月8日・・・城里町立常北中学校の1年生22名、中央高校水泳部、社会人や大学生になり新しい世界での友達と一緒に戻ってきてくれた若者達、そして学校企画で参加してくれた茨城県立竜ヶ崎第一高校の生徒さん達などバス2台80名の皆様が参加して下さいました。

この日も石巻市大川地区で作業をさせて頂き、真摯に心を寄せながら黙々と作業する子供達の姿に、胸が熱くなりました。

様々なご配慮を頂きました地元の方々、参加頂いた全ての皆様に心より感謝申し上げます。



8月2日・・・茨城県立佐和高校の野球部、バスケットボール部、陸上部、一般の生徒さんなどバス3台120名の皆さんが参加して下さいました。石巻市大川地区で作業をさせて頂き、高校生達には生涯心に残る一日になったと思います。










7月18日・・笠間社会福祉協議会企画の中・高校生及び親子での参加に80名

7月19日・・常北中学校の1年生20名と茨城大学生、一般の方々合わせて43名の皆様が参加下さいました。

7月25日・・・中央高校の生徒さん達、先生やお父さんと一緒に参加した中学生達、茨城大学の学生さん、一般の方々、30名の皆さんが参加して下さいました。

東松島東名、野蒜地区で海岸清掃と除草作業をさせて頂きました。

多くの子供達のひたむきに頑張る姿に心を打たれました。

ありがとうございました。
// ホーム //